初めての大腸内視鏡検査(しかも生理中)

検査の前日、検査食を食べたその日に生理が来てしまいました。

マジか〜!

でも、もう検査食たべちゃったしなぁ。

日程をずらしてまたお高い検査食を買わされるのはイヤだしなぁ。

なんとか強行したい!

そう思い、予定どおり病院へ向かいました。


看護師さんに生理が来てしまったことを伝えると、

「あら〜!どうしよう…日程変える?それとも、う〜ん…タンポン使うとか!?」と。

私はこれまでタンポンを使ったことがないのですが、どうにか決行したかったので、タンポンを付けて検査することにしました。



検査をする前には、大腸内をキレイにするために腸管洗浄剤を飲みます。

私はモビプレップというものを1リッターと、普通の水を1リッター飲みました。

モビプレップは、濃いポカリスエットみたいな味で、はっきり言ってマズイです。

これをチョビチョビ時間をかけて少しずつ飲んでは、少し歩いて便意を待つという感じ。

下痢の時みたいにお腹が痛くなるのかなと思いましたが、大丈夫でした。

ただ、お腹はゴロゴロいいます。


何度もトイレに行くうちに、便が水のようになっていきます。

カスがなくなり透明になるまで続けます。

透明になるまでの時間は人によって個人差があるようです。

私の検査では、私のほか4人の受検者がいて、便が透明になったのが早い人から順に内視鏡を始めました。

ちなみに、私はいちばん最後でした。


腸管がキレイになったら、検査着に着替えて点滴を装着。

排便で失われた水分を補給しているようでした。


看護師さんが、私が生理中であることに配慮してくれて、検査用の紙パンツ(お尻側に穴が空いたやつ)は検査の直前に履くようにしてくれました。


いよいよ検査。

ベッドに上がって横向きになって受けます。

検査は軽く麻酔をして行われるとのことでしたが、自分では全く分かりませんでした。

とくにボーッとすることもありませんでした。

検査中は、腸の中に空気が入ってくるとお腹にボコボコという感覚があり、それが左側に来るとイテテテ!という感じでしたが、それ以外は痛みもなく無難に終了。


検査中にポリープなどを切除処理した場合は1泊入院とのことでしたが、それもなく、その日のうちに帰ることができました。



実は、最初の外来受診の時は女医さんだったため、その先生が内視鏡をやるなら恥ずかしくないわ〜♪と思っていたのですが、実際は男性の方でした。

しかし、何の恥じらいもなくお尻を向けられる自分…。

歳をとったからか、それとも何かを達観したからでしょうか。


検査結果は来週です。



※トップ画の検査着は短いですが、これはパンツを分かりやすく表現するためであり、実際の検査着はヒザ下丈でした。



おちまい


0コメント

  • 1000 / 1000

\ ポチっ てイカ耳を応援! /


 

【お願い】記事内にはプロモーションとしてリンクが挿入されていることがあります。そこから商品をご購入いただけるととても嬉しいです。ご購入者様にいっさい損は発生しません。たとえ少額でも、収入を福祉事務所に申告できることが私の喜びです。

厚かましいお願いと承知していますが、ご協力いただければ幸いです。




 

\ 販売中! /