血のつながり

あのひとと血が繋がっていることが嫌でたまらない。

あのひとと同じ血が自分の中にも通っていることを憎悪する。

顔が痩せるとあのひとにそっくりな骨格が浮き出てきて、鏡を見るたびに呪わしい。


まあ私にはそんな気持ちがあるんだけど、そんなことをずっと抱えていても事実は変わらないわけで。



人格は、さまざまな経験からいろんなことを感じたり学んだり気づいたりしてつくられていく。

この肉体には確かにあのひとの一部が含まれている。

だが、自分という人格をつくっているものはそれではなく、経験から得た思想、哲学、知識などである。


人格や人間性にとって肉体は大した問題ではないのではないだろうか?

あのひとの一部が自分に組み込まれるのはほんの一瞬だ。


最初に受け継いだ血なんて、ケガの出血や経血としてすでに排出されているだろう。

つまり、いま自分の体の中を流れている血は、自分からつくられた自分オリジナルの血なのだ。

そして、その体に人格が肉付けされていく過程は、一瞬ではなく何十年もの積み重ねだ。

自分という人格の核は肉体ではないのだ。

血の繋がりなんて大したことではないのだ。


ひとは後付けでいくらでも違う人間になれるんじゃないかな。



\ PR /

0コメント

  • 1000 / 1000

\ ポチっ てイカ耳を応援! /


 

【お願い】記事内にはプロモーションとしてリンクが挿入されていることがあります。そこから商品をご購入いただけるととても嬉しいです。ご購入者様にいっさい損は発生しません。たとえ少額でも、収入を福祉事務所に申告できることが私の喜びです。

厚かましいお願いと承知していますが、ご協力いただければ幸いです。




 

\ 販売中! /